ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 試し読み 第7巻 ネタバレ感想 【ライトノベル】

nend


新生【ヘスティア・ファミリア】始動! 『戦争遊戯(ウォーゲーム)』という激戦を乗り越え新たに眷族となったリリ、ヴェルフ、そして命。ベルのもう一つの家族。深まる絆。だが、「ここは私達のホーム、女主の神娼殿さ」 命を追ってベルが迷い込んでしまったのはオラリオの歓楽街。【イシュタル・ファミリア】が管理する『夜の街』。「私はこの歓楽街に買われた身です」 そこで少年は囚われの身である極東の少女、春姫と出会う。蠢く陰謀に呑み込まれるベルが下す選択は──。 『これっきりでいい、なろう、あの人の英雄に──』 これは、少年が歩み、女神が記す、──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──



電子書籍で今すぐ無料試し読みをする。

BookLive!

eBookJapan

マンガ王国

ハンディコミック

コミックシーモア【スマホ対応】

【感想・ネタバレ】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(7)

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」で検索して今すぐ無料試し読みをする。

BookLive!

階層主戦、ウォーゲームと来て、次はどうなるのかと期待半分不安半分で手にとった7巻ですが、予想以上にとんでもない事態になった巻でした。
前巻でのウォーゲームを乗り越え、ファミリアとしても躍進したヘスティア・ファミリア。ベルのレベルも上がってこれからという時に、行方不明だったミコトの幼なじみがオラリオで目撃されたのだが、その場所がよりにもよって夜の街の遊郭で・・・

夜の街と娼館という舞台故に、ベル君の眼前には「汚い現実」の話が多く現れますが、拒絶するわけでも、安易に解答を出すのでもなく、悩みながらも行動する姿はさすがの正統派主人公でした。ステータスだけでなく、精神的にも成長できた事でしょう。
前述から分かる通り、今回は前巻で入団したミコトが活躍する話でした。期限付きの入団ですし、出会いのきっかけがきっかけなので、他のメンバーと少し距離がある印象の彼女でしたが、今回で晴れてヘスティア・ファミリアの一員になれたのではないでしょうか。

あ、あと地味にミコトの二つ名が判明しました。さすがに天使(テ・シーオ)ではなかったです。天使「では」なかったです。



ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7

電子書籍で今すぐ無料試し読みをする。

BookLive!

eBookJapan

マンガ王国

ハンディコミック

コミックシーモア【スマホ対応】

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
↓↓↓                   ↓↓↓
          にほんブログ村 漫画ブログへ
人気ブログランキング  にほんブログ村
電子書籍ストア比較ランキング

電子書籍ストア比較ランキング

 BookLive!

 

◎国内最大級!597,593冊の豊富な品揃え

マニアックな本から、最新の話題作まで、読みたい本が豊富。

2012年の電子書籍アワードでは、パソコン分野で総合満足度1位を獲得。

◎無料で読める本が充実

本の一部を立ち読みできる機能の他に、無料で読める書籍が9,000冊以上ある。

◎簡単・無料で会員登録

会員登録すると購入した本をMy本棚へ保管できる機能、無料アプリの便利な読書機能など利用可能。

 eBookJapan(イーブックジャパン)

 

 

◎漫画のタイトル数はNo.1を誇るなど日本最大級の品揃え!

538,399冊のラインナップ数を誇り、なかでも漫画のタイトル数はNo.1であるeBookJapan

だからこそ漫画を快適に読める環境が整っている。

繊細な描写も鮮明に映し出す高画質を誇る。

◎過去の名作漫画が豊富!

eBookJapanには現在では手に入らない廃番になった名作を多数取り扱っている。

その上、フルカラー版が豊富なのも嬉しい所。試し読み機能があるからモノクロとカラーの詠み比べが可能。

◎無料で制限なく保存できるトランクルーム

世界で初めて電子書籍のクラウドサービスを開始したeBookJapanのトランクルームなら容量の制限なく、無料でオンラインに保存することが可能

 

マンガ王国

 

 

 

◎無料で読めるマンガが2200作品以上!

電子書籍のラインナップはコミックを中心に雑誌・小説・写真集・動画等幅広いので、他の電子書籍の販売サイトと比べても写真集やアダルト関連の電子書籍が圧倒的に充実しています!

◎購入したら無期限でマンガが読める

ほかの電子書籍のサイトだと購入してから期限が設けられていることが多いが、マンガ王国は無期限で読めます。

◎無料マンガが一冊丸ごと読める

無料マンガは少し読んだらおしまいではなく、一冊丸ごと読めます。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。