恋と嘘 試し読み 第3巻 ネタバレ感想

nend


真田莉々奈(さなだ・りりな)はときめいた。政府が指名したパートナーには他に好きな女の子がいた。国家の意思に背き、自分以外の女の子に恋をしてしまっている。まるでロマンス。自分もこの二人の恋を応援しよう。どうせ自分には恋なんて。そう思っていたはずなのに、しだいに根島由佳吏(ねじま・ゆかり)に惹かれていってしまう心。そんなとき、莉々奈のもとに政府からの招集通知が届く。「パートナーと共に講習会に参加せよ」 はたして、それは――。



電子書籍で今すぐ無料試し読みをする。

BookLive!

eBookJapan

マンガ王国

ハンディコミック

コミックシーモア【スマホ対応】

【感想・ネタバレ】恋と嘘(3)

「恋と嘘」で検索して今すぐ無料試し読みをする。

BookLive!

人生のパートナーを国が決める時代。
そんな世界で繰り広げられるラブストーリー第3巻です。

恋した相手「美咲」を想いながら、国が選んだ相手「莉々奈」との交流を深めていく「根島(通称ネジ)」。
3巻では厚生労働省の講習により、ほんわかと良い雰囲気だったネジと莉々奈の関係が大きく変わり始めます。

この作品の魅力は、ふたりのヒロインの人物描写がとても丁寧なことです。

「誰かに選んでもらった相手」の莉々奈は、真面目なようでトボけた雰囲気のある、そばで見守りたくなる存在。

対して「自分で選んだ相手」の美咲は、ネジとは一見距離があるようで、ささいなことからも深い想いが感じられ、一途さに胸を打たれます。

莉々奈とネジの和気あいあいとした会話を見て
「ふたりの相性は間違いない!」
と感じたかと思えば、
美咲の語るネジとのささやかなエピソードに
「美咲とネジは両想いのはずなのに……」と切なくなったり。
簡単に「どちらのヒロインが良い!」と判断できないところに、この作品の良さが詰まっていると思います。

「ずっと好きだった女と お前の相手だと言われて出会った女
どちらかが”恋”でもう片方は”嘘”だとしたら
それは自分で選んだ相手なのか
誰かに選んでもらった相手なのか
お前は どう思う?」

今巻では、タイトル「恋と嘘」に迫るこんな一言も。
このメッセージを受け、変わり出したネジの想いと最終的な決断を見守りたくなる3巻です。


「恋と嘘」で検索して今すぐ無料試し読みをする。

BookLive!

電子書籍で今すぐ無料試し読みをする。

BookLive!

eBookJapan

マンガ王国

ハンディコミック

コミックシーモア【スマホ対応】

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
↓↓↓                   ↓↓↓
          にほんブログ村 漫画ブログへ
人気ブログランキング  にほんブログ村
電子書籍ストア比較ランキング

電子書籍ストア比較ランキング

 BookLive!

 

◎国内最大級!597,593冊の豊富な品揃え

マニアックな本から、最新の話題作まで、読みたい本が豊富。

2012年の電子書籍アワードでは、パソコン分野で総合満足度1位を獲得。

◎無料で読める本が充実

本の一部を立ち読みできる機能の他に、無料で読める書籍が9,000冊以上ある。

◎簡単・無料で会員登録

会員登録すると購入した本をMy本棚へ保管できる機能、無料アプリの便利な読書機能など利用可能。

 eBookJapan(イーブックジャパン)

 

 

◎漫画のタイトル数はNo.1を誇るなど日本最大級の品揃え!

538,399冊のラインナップ数を誇り、なかでも漫画のタイトル数はNo.1であるeBookJapan

だからこそ漫画を快適に読める環境が整っている。

繊細な描写も鮮明に映し出す高画質を誇る。

◎過去の名作漫画が豊富!

eBookJapanには現在では手に入らない廃番になった名作を多数取り扱っている。

その上、フルカラー版が豊富なのも嬉しい所。試し読み機能があるからモノクロとカラーの詠み比べが可能。

◎無料で制限なく保存できるトランクルーム

世界で初めて電子書籍のクラウドサービスを開始したeBookJapanのトランクルームなら容量の制限なく、無料でオンラインに保存することが可能

 

マンガ王国

 

 

 

◎無料で読めるマンガが2200作品以上!

電子書籍のラインナップはコミックを中心に雑誌・小説・写真集・動画等幅広いので、他の電子書籍の販売サイトと比べても写真集やアダルト関連の電子書籍が圧倒的に充実しています!

◎購入したら無期限でマンガが読める

ほかの電子書籍のサイトだと購入してから期限が設けられていることが多いが、マンガ王国は無期限で読めます。

◎無料マンガが一冊丸ごと読める

無料マンガは少し読んだらおしまいではなく、一冊丸ごと読めます。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。